最新情報

  • 平成26年3月18日
    27th European Congress on Surgical Infectionのお知らせ
    会期:
    平成26年6月5日(木)~7(土)(現地時間)
    開催地:
    ウィーン 於:The Austrian Academy of Sciences
    当番会長:
    Thomas Sautner
    名称:
    第27回外科感染症欧州学会

    詳細についてはこちらをご参照ください。
  • 平成26年1月29日
    第27回日本外科感染症学会学術集会開催について
    第27回日本外科感染症学会学術集会のホームページを公開しました。 学術集会ページからご覧ください。
  • 平成26年1月6日
    第三回日本外科感染症学会特別セミナー in Nagoya 開催のご案内
    名称:
    知って得する感染症~外科感染症のUp To date2014~
    日時:
    平成26年2月22日15時30分~18時30分(受付開始14時30分)
    会場:
    名古屋国際センター「ホール別棟」
    名古屋市中村区那古野1-47-1 TEL:052-581-5679
    プログラムなど詳細・お申し込み
    問い合わせ先:
    日本外科感染症学会特別セミナー事務局
    (メディカルトリビューン内)
    TEL:03-3239-7273
    E-mail:jssi-seminar@medical-tribune.co.jp
  • 平成25年12月24日
    「日本外科感染症学会教育委員会企画プログラム」について
    このたび開催されました第26回日本外科感染症学会総会学術集会教育委員会企画プログラムをご報告いたします。
    詳細についてはこちらからご確認ください。
  • 平成25年10月1日
    真菌症フォーラム・深在性真菌症のガイドライン作成委員会より『パブリックコメントご協力のお願い』
    真菌症フォーラム・深在性真菌症のガイドライン作成委員会より、『深在性真菌症の診断・治療ガイドライン2014』の血液領域草案について、当会会員の皆様にパブリックコメント協力の依頼がございました。つきましては、以下、真菌症フォーラムWebサイトをご覧頂き、10月11日(金)までに直接真菌症フォーラム宛てにご意見をお送りくださいますようお願い申し上げます。
    ご協力の程お願い申し上げます。

    2013年10月1日
    日本外科感染症学会
    理事長 炭山 嘉伸

    【真菌症フォーラムWebサイト】
    http://www.mycoses.jp/guideline/gl2014.html
  • 平成25年9月24日
    ICD制度協議会主催 公開セミナーのご案内
    協議会主催の公開セミナ―をご紹介いたします。セミナーの詳細は、こちらをご確認ください。
  • 平成25年8月22日
    「日本外科感染症学会特別セミナー」コンテンツ開設のお知らせ
    このたび本ホームページ内に、外科感染症学会特別セミナーコンテンツを開設いたしました。
    次回セミナー開催情報のご案内、また過去セミナーのプログラムやQ&Aを掲載していく予定です。
    本ページのメニュー、もしくはこちらからご確認ください。
  • 平成25年8月15日
    臨床研究のCOI(利益相反)に関する指針の制定について
    このたび「臨床研究のCOI(利益相反)に関する指針」を制定しましたので、お知らせします。
    詳細はこちらからご確認ください。
  • 平成25年7月29日
    第二回日本外科感染症学会特別セミナー in Osaka 開催のご案内
    名称:
    知って得する感染症~外科感染症のUp To date2013~
    日時:
    平成25年9月28日15時~18時(受付開始14時)
    会場:
    大阪国際会議場 3階「イベントホールD・E」
    大阪市北区中之島5-3-51 TEL:06-4803-5555
    プログラムなど詳細・お申し込み
    問い合わせ先:
    日本外科感染症学会特別セミナー事務局
    (メディカルトリビューン内)
    TEL:03-3239-7273
    E-mail:jssi-seminar@medical-tribune.co.jp
  • 平成25年7月8日
    平成25年度ICD(インフェクションコントロールドクター)申請手続きについて
    ICD認定申請書類の受付を開始いたします。日本外科感染症学会推薦によるICD認定の申請をご希望の方は、申請書類を事務局宛てに、平成25年10月31日(木曜日)午後5時必着でお送りください。
    ICD申請の手続きなどについてはICD制度協議会のホームページをご参照ください(申請書類はICD制度協議会のホームページ内よりダウンロードできます)。
    申請受付期間
    平成25年(2013年)7月8日(月曜日)~平成25年(2013年)10月31日(木曜日)午後5時必着
    申請受付期間以外の申請は受付けません。
    提出先および問い合せ先
    〒102-0074
    東京都千代田区九段南2-1-30 イタリア文化会館ビル8F
    株式会社メディカルトリビューン内
    Tel 03-3239-7264 Fax 03-3239-7225
    E-mail:jssi@medical-tribune.co.jp
    ※申請書類は下記宛に配達記録の残る送付手段(書留郵便、宅配便等)で送付する
    ※送付封筒に「平成25年度ICD申請」と赤字で記載する
  • 平成25年6月27日
    知の市場公開講座の2013年度後期の受講者募集のご案内
    「知の市場」2013年度後期受講者募集のご案内をご紹介いたします。講座の詳細は、こちらを御確認ください。 (下線部をクリックしてください。)
    ご関心のある方は、受講をご検討の上、直接手続して頂きますようお願いします。
  • 平成25年6月12日
    日本集中治療医学会 英文機関誌創刊のご案内
    日本集中治療医学会より、英文機関誌「Journal of Intensive Care」創刊の ご案内がございました。
    プレリリースのご案内は下記をご確認ください。
    http://www.jsicm.org/journal130515.html
  • 平成25年6月11日
    公益財団法人万有生命科学振興国際交流財団からの研究助成募集のお知らせ
    『Banyu Foundation Research Grant 2013-女性研究者支援-』と題した新たな研究助成の募集を8月1日より開始します。詳細は下記URLよりご確認ください。
    http://www.banyu-zaidan.or.jp/research/female
  • 平成25年5月13日
    役員選挙のお知らせ
    日本外科感染症学会評議員 各位
    本学会では現理事・監事の任期が第26回学術集会の社員総会終了日(2013年11月24日(日)の予定)までとなるため(定款第4章第15条:任期2年)、2014年度から4年間を任期とした役員改選を第26回社員総会にて実施いたします。 選挙実施計画および選挙公示の詳細については こちらからご確認ください。 また、役員希望者は、 立候補届出用紙を受付期間中に事務局内選挙管理委員会宛てにご郵送ください。
    日本外科感染症学会 選挙管理委員会
  • 平成25年4月8日
    日本外科感染症学会特別セミナー開催のご案内
    名称:
    知って得する感染症~外科感染症のUp To date2013~
    日時:
    平成25年6月1日15時~18時(受付開始14時)
    会場:
    砂防会館 別館(シェーンバッハ・サボー)1階「利根」
    東京都千代田区平河町2-7-5 TEL:03-3261-8390
    プログラムなど詳細・お申し込み
    問い合わせ先:
    日本外科感染症学会特別セミナー事務局
    (メディカルトリビューン内)
    TEL:03-3239-7273
    E-mail:jssi-seminar@medical-tribune.co.jp
  • 平成24年12月14日
    外科周術期感染管理医認定制度委員会は第25回総会(11月20日開催)において、外科周術期感染管理教育施設認定規則の一部改定を決定いたしました。

    改訂
    -------------------------------------------------------
    細則2 教育実績報告書やラウンドの報告書講習会や研修会の記録、回診(ラウンド)実施を証明する書類が含まれる。
    書類や形式は各施設や診療部独自のものでよい。なお、講習会や研修会の内容は別項の「外科周術期感染管理認定医の内容と到達目標」を参考にすること。

    細則2 教育実績報告書やラウンドの報告書講習会や研修会の記録、回診(ラウンド)実施を証明する書類が含まれる。
    書類や形式は各施設や診療部独自のものでよい。
    -------------------------------------------------------
  • 平成24年12月7日
    Surgical Infection Society - Europeから学術集会のお知らせ(会長Thomas Sautner)
    会期:平成25年5月8日(水)~11(土)(現地時間)
    開催地:チェコ国プラハ 於:Prague Marriott Hotel
    当番会長:Jaroslav Lindner
    名称:第26回外科感染症欧州学会
    ウェブサイトhttp://sis-prague2013.eu/
    (本会ウェブサイトに設置したバナーからアクセス可能)
    要 望 演 題 topic proposals
    1.虫垂炎と憩室炎:診断、治療、抗菌薬
      Appendicitis and diverticulitis - Diagnosis, therapy and antibiotics
    2.感染症:エヒノコックスとディフィシル菌
      Infectious diseases - echinococcosis and Clostridium difficile
    3.腹腔内セプシスおよび腹腔内感染の悪化について
      Abdominal sepsis and complicated intraabdominal infections
    4.手術部位感染症
      SSI
    5.糖尿病と創感染
      Diabetes and wound infection
    6.糖尿病性足病変:血糖管理
      Diabetic foot – glycemic control
    7.血管グラフト感染
      Vascular graft infections
    8.軟部組織皮膚感染症
      Soft tissue and skin infection
    演題締め切り平成25年1月15日
    参加登録費
    本会会員はSIS-E会員と同額で参加できるよう交渉済み
    SIS-E会員・本会会員ともに420ユーロ(平成25年3月まで)

    本会担当窓口
    国際渉外委員会
    SIS-E担当 吉田祐一(yuuyoshida-ths@umin.net
    演題応募前にご連絡ください。宜しくお願いいたします。

    演題応募手順こちらを参照
    日程予定表こちらを参照
  • 平成24年12月2日
    日本外科感染症学会 第26回学術集会の日程が2013年11月25日(月)、26日(火)へ変更となりました。
    詳細はこちらからご確認ください。
  • 平成24年9月3日
    公開講座「知の市場」の2012年度後期講座「感染症総合管理1b(PT211b)」の開催
    社会人を対象とした公開講座「知の市場」の2012年度後期講座「感染症総合管理1b(PT211b)」の開催について、事務局へ案内がありましたので、下記のとおりご紹介します。
    ご関心のある方は、受講をご検討の上、直接手続して頂きますようお願いします。
    講義日時
    2012年9月25日~2013年1月29日
    (毎週木曜日 18時30分~20時30分、15回講義)
    開催場所
    国立感染症研究所戸山庁舎
    (地下鉄茗早稲田駅・若松河田駅)
    開講機関国立感染症研究所早稲田大学規範科学総合研究所
    科目名:「感染症総合管理1b(PT211b)」
    講師:国立感染症研究所 研究員15名
    科目概要
    感染症との闘いのためのヒトの生体防御の働き、および感染を予防するためのワクチンの効能、またワクチンの安全性がどのように確保されているのかを説明する。またその中で感染症研究の専門機関、特に国立感染症研究所(感染研)がはたしている機能についても解説する。
    講義内容:「シラバス」を参照下さい。
    募集期間:2012年7月1日(日)~9月20日(木)(延長)
    受講料:無料
    応募方法こちらから申込んで下さい。
    知の市場
    2012年度「知の市場」の理念と運営はこちら
    2012年度「知の市場」講座の概要はこちら
  • 平成24年8月13日
    公益財団法人万有生命科学振興国際交流財団からの研究助成募集のお知らせ
    『Banyu Foundation Research Grant 2012 -女性研究者支援ー~異分野融合型研究をめざして~』と題した新たな研究助成の募集を8月6日より開始します。
    詳細は下記URLよりご確認ください。
    http://www.gekakansen.jp/file/jyoseikenkyushien.pdf
  • 平成24年6月14日
    平成24年度ICD(インフェクションコントロールドクター)申請手続きについて
    日本外科感染症学会推薦によるICD認定の申請をご希望の方は、ICD認定申請書類を日本外科感染症学会認定ICD受付窓口(学会事務局とは異なりますので、当ホームページの該当欄をごらんになり、お間違えの無いようご注意下さい)に、平成24年11月1日(火曜日)必着でお送りください。
    ICD申請の手続きなどについてはICD制度協議会のホームページをご参照ください(申請書類はICD制度協議会のホームページ内よりダウンロードできます)。
  • 平成24年5月8日
    第25回日本外科感染症学会学術集会開催について
    第25回日本外科感染症学会学術集会のホームページを公開しました。
    学術集会ページからご覧ください。
  • 平成23年11月15日
    暫定教育医・教育施設の認定書の発行延期について
    外科周術期感染管理医認定制度の暫定教育医・教育施設の認定書の発行が12月まで延期となりました。

    外科周術期感染管理医認定制度 応募要項
  • 平成23年9月26日
    平成23年度ICD(インフェクションコントロールドクター)申請手続きについて
    日本外科感染症学会推薦によるICD認定の申請をご希望の方は、ICD認定申請書類を日本外科感染症学会認定ICD受付窓口(学会事務局とは異なりますので、当ホームページの該当欄をごらんになり、お間違えの無いようご注意下さい)に、平成23年11月1日(火曜日)必着でお送りください。
    ICD申請の手続きなどについてはICD制度協議会のホームページをご参照ください(申請書類はICD制度協議会のホームページ内よりダウンロードできます)。
  • 平成23年8月12日
    日本外科感染症学会 外科周術期感染管理医認定制度委員会からのお知らせ
    外科周術期感染管理暫定教育医の認定申請書受付が8月31日まで延長されたのに伴い、以下の二点が変更されました。
    1.「暫定教育医申請書」と「所属施設内での活動証明書」の書式を、新たにダウンロードできるようにいたしました。
    (すでに申請済みの場合は、改めて手続きをやり直す必要はありません)。
    詳細は、こちらへお進みください。
    2.外科周術期感染管理教育施設認定の申請が暫定教育医の申請と時期が重なるため、暫定教育医の申請と教育施設の申請を同時に行えることとします。その際、暫定教育医の認定番号の項目は「申請中」と記入してください。
  • 平成23年8月2日
    連絡
    日本外科感染症学会外科周術期感染管理暫定教育医の認定申請書の受付を8月31日まで延長します。詳細は、こちらへお進みください。
  • 平成23年6月17日
    外科周術期感染管理認定医・教育医、教育施設認定制度に関して
    外科周術期感染管理認定医・教育医、教育施設認定制度に関して、申請料・認定料払込先の新規開設口座の情報を追加しました。詳細は、こちらへお進みください。
  • 平成23年6月10日

    会員各位

    平成23年6月1日
    日本外科感染症学会
    理事長 炭山 嘉伸

    2011年東日本大震災被災地区在住会員の会費免除についてのお知らせ

     この度の東日本大震災により被災された方々に、心からお見舞い申し上げます。
     本学会では、被災指定地域に居住していらっしゃる会員の先生方に少しでもお役に立てればと、本年度(平成23年度)年会費を免除することといたします。つきましては、この手続きは自己申告によるものといたしますので、下記事務局宛にお申し出くださるようお願いいたします。なお、会費免除申請のための決まった様式はありませんので、会員番号・会員名・現在の連絡先(住所、メールアドレス等)と被害の概要を明記の上、郵便又はFAXあるいはメールにてお申し出ください。またその際に、既に納付済みの場合には、来年度会費に振替えるか、返却を希望されるかの別もお書き添えください。返却の場合には、金融機関名、支店名、口座番号等もお知らせくださるようお願い致します。
     被災地域の一日も早い復興を、心よりお祈り申し上げます。


    ■会費免除対象者
    災害救助法適用地域(青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、千葉県)に在住し被災された会員

    ■会費免除の申請先
    〒112-0012
    東京都文京区大塚5-3-13 小石川アーバン4F
    学会支援機構内
    日本外科感染症学会事務局
    TEL:03-5981-6011 FAX:03-5981-6012
    E-mail:jssi@asas.or.jp

  • 平成23年6月6日
    「外科周術期感染管理認定医・教育医、教育施設認定制度」発足のお知らせ
    外科周術期感染管理認定医・教育医、教育施設認定制度が発足し、暫定教育医の認定申請の受付が開始となりました。詳細は、こちらへお進みください。
  • 平成23年6月6日
    新規の評議員申請について
    新規に本会の評議員の申請をご希望の方は、「入会・更新ページ」の『評議員について』に記載された申請資格をご確認の上、必要書類をご提出下さい。評議員申請の申請書提出先は、学会支援機構内 日本外科感染症学会事務局で、提出期限は、平成23年(2011年)9月30日(金曜日)午後5時必着です。
  • 平成23年3月25日
    術後感染性合併症サーベイランスのお知らせ
    術後感染性合併症サーベイランスの準備が整いました。
    是非ご参加ください。詳細は、"術後感染性合併症サーベイランス"へお進みください。
  • 平成23年3月25日
    北米外科感染症学会(SIS-NA)会長からのメッセージ
    SIS-NAの会長であるHenri Ford氏から、日本外科感染症学会の会員に向けた心温まるメッセージが届いています。ご覧頂ければ幸いです。
  • 平成23年1月14日
    第24回日本外科感染症学会学術集会開催について
    第24回日本外科感染症学会学術集会のホームページを公開しました。
    学術集会ページからご覧ください。
  • 平成22年12月24日
    第24回および25回日本外科感染症学会学術集会の開催について
    第24回および25回の日本外科感染症学会学術集会の開催案内を学術集会ページに掲載いたしました。
  • 平成22年9月3日
    公開講座「知の市場」の2010年度後期講座(感染症総合管理1b~感染症対策―ワクチンを中心に~)の開催
    社会人を対象とした公開講座「知の市場」の2010年度後期講座(感染症総合管理1b~感染症対策―ワクチンを中心に~)の開催について、事務局へ案内がありましたので、下記のとおりご紹介します。
    ご関心のある方は、受講をご検討の上、直接手続して頂きますようお願いします。
    講義日時
    2010年9月28日~2011年1月25日 18時30分~20時30分
    (毎週木曜日 18時30分~20時30分、15回講義)
    開催場所
    早稲田大学西早稲田キャンパス(東京都新宿区)
    (地下鉄東京メトロ(副都心線 西早稲田駅直結))
    開講機関早稲田大学規範科学総合研究所
    科目名:感染症総合管理1b~感染症対策―ワクチンを中心に~
    講師:国立感染症研究所 研究員15名
    科目概要
    感染症との闘いのためのヒトの生体防御の働き、および感染を予防するためのワクチンの効能、またワクチンの安全がどのように確保されているかを説明する。またその中で感染症研究の専門機関、特に国立感染症研究所(感染研)がはたしている機能についても解説する。
    講義内容:「シラバス」を参照下さい。
    募集期間:2010年6月15日(火曜日)~9月15日(水曜日)
    受講料:無料(受講修了証発行)
    応募方法こちらから申込んで下さい。
    知の市場
    2010年度「知の市場」の理念と運営はこちら
    2010年度「知の市場」講座の概要はこちら
  • 平成22年8月25日
    平成22年度ICD(インフェクションコントロールドクター)申請手続きについて
    日本外科感染症学会推薦によるICD認定の申請をご希望の方は、ICD認定申請書類を日本外科感染症学会認定ICD受付窓口(学会事務局とは異なりますので、当ホームページの該当欄をごらんになり、お間違えの無いようご注意下さい)に、平成22年11月1日(月曜日)必着でお送りください。ICD申請の手続きなどについてはICD制度協議会のホームページをご参照ください(申請書類はICD制度協議会のホームページ内よりダウンロードできます)。
  • 平成22年8月2日
    一般社団法人化のお知らせ
    本学会は、平成19年9月より有限責任中間法人として活動して参りましたが、平成20年12月1日の「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」の施行により、中間法人法が廃止されました。その後も「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」の適用を受けておりましたが、法人格の名称変更を得る必要があり、平成21年12月9日の社員総会で決議を得て、一般社団法人日本外科感染症学会となりました。
  • 平成22年5月6日
    国際セプシスフォーラムより、SEPSIS 2010のご案内
    国際セプシスフォーラムThe International Sepsis Forum(ISF)より、SEPSIS 2010の案内が来ました。
    SEPSIS 2010は、平成22年(2010年)9月1~3日にフランス国パリ市で開催されます。演題・抄録締め切りは、平成22年6月15日となっております。詳しくはホームページをご参照願います。

    SEPSIS 2010
    http://www.sepsisconference.com/

  • 平成21年12月28日
    事務局住所・連絡先変更のお知らせ
    事務局の住所・連絡先が、東邦大学医学部外科学第三講座より、学会業務委託先の学会支援機構へ変わりました。
    (但し、日本外科感染症学会認定のICD受付窓口業務のみは、当面は従来どおりの連絡先で取り扱っておりますので、ご注意ください。)

    〒112-0012
    東京都文京区大塚5-3-13 小石川アーバン4階
    電話:03-5981-6011 FAX:03-5981-6012
    一般社団法人 学会支援機構(Association for Supporting Academic Societies)
    E-mail:jssi@asas.or.jp

    日本外科感染症学会認定ICD受付窓口
    〒153-8515
    東京都目黒区大橋二丁目17番6号
    東邦大学医学部外科学第三講座内
    日本外科感染症学会事務局 ICD受付窓口宛
    E-mail:bureau@gekakansen.jp

  • 平成21年11月20日
    TSIS 2010/SIS-E 2010のご案内(続報)
     抄録の締め切りは2009年11月30日とかわりました。
     また、本日、TSIS 2010/SIS-E 2010会長より以下の情報がございましたのでよろしくお願いします。
    (1)日本外科感染症学会会員で応募するすべての方々へ
     「scientific cooperation JSSI」のチェックボックスをチェックして応募してください。
    (2)日本外科感染症学会後援シンポジウム「胆道炎」指定演者の方へ
     発表演題名をTSIS 2010/SIS-E 2010事務局へ11月24日にお伝えする必要がありますので、日本外科感染症学会事務局(bureau@gekakansen.jp)へ11月23日までにメールでお知らせいただけませんか。
     発表の抄録は、TSIS 2010/SIS-E 2010ホームページを通じて11月30日までにご提出ください。
     「Topic No.」のフィールドには「JSSI」と入力してください。
     「SIS-E Program」のチェックボックスは記入しないでください。
    (3)指定演者以外の応募なさる先生方へ
     「SIS-E Program」のチェックボックスを記入して応募してください。
  • 平成21年9月26日
    臨床治験委員会からのお知らせ
    日本外科感染症学会では、臨床治験委員会内に「SSIと医療費の研究会」を設け、「手術部位感染(SSI :Surgical Site Infection)が与える在院日数と直接医療費への影響の調査研究」を実施いたします。
    「疫学研究に関する倫理指針」第3.1(2) <インフォームド・コンセントを受けない場合において、当該研究の実施について公開すべき事項に関する細則>に基づいて、下記のとおり研究の概要を掲載し、情報を公開いたしますので、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

    SSIとコスト情報公開(クリックで別のウィンドウが開きます)
  • 平成21年8月8日
    TSIS 2010/SIS-E 2010のご案内
    SIS-Eの2010年の学術集会はTSISと共催され、日本外科感染症学会後援シンポジウムとして「胆道炎」が開催されます。
    抄録の締め切りは2009年11月6日です。
    場所:ドイツ国ミュンヘン市
    学術集会会長:Eugen Faist (Ludwig Maximilians-University)
    ホームページ:http://www.tsis2010.org/
    この学会の参加について、日本外科感染症学会の会員は割引料金が適用されます。

    ICD申請書類の締め切りについて
    平成21年の日本外科感染症学会推薦によるICD申請の締め切りは2009年11月7日(土)必着です。
  • 平成21年6月10日(水曜日)
    第28回国際化学療法学会総会の件
    日本外科感染症学会は2013年に開催予定の第28回国際化学療法学会総会の日本招致活動について、日本化学療法学会に共同開催を申し出ました。本日、日本化学療法学会より日本招致活動への協力と共同開催の方針について、了承の通知を受けましたのでご報告申し上げます。
  • 平成21年5月26日
    SIS-Eより2010年の学術集会のご案内
    SIS-Eより2010年の学術集会のご案内がまいりました。
    会期:2010年3月9-13日
    場所:ドイツ国ミュンヘン市
    会長:Eugen Faist (Ludwig Maximilians-University)
    ホームページ:http://www.tsis2010.org/
    なお、この学会の参加について、日本外科感染症学会の会員は割引料金が適用される予定です。
  • 平成21年4月28日(火曜日)
    -急告-
    第3回SIS合同学会:代表団派遣を中止します
    北米大陸を中心とする豚インフルエンザ患者の発生に伴い、平成21年4月27日、世界保健機関(WHO)はパンデミックアラートをフェーズ3から4に格上げしました。日本政府は首相を本部長とする対策本部を設置し、各大学・施設においては感染対策チームが対策活動を始動し、職員に対して渡航中止命令を出す大学もでています。
    こうしたことから、日本外科感染症学会は、第3回SIS合同学会へ派遣を予定していた代表団団員の健康と安全を考慮するのみならず、各団員が、各施設や地域において病院感染対策や、公衆衛生上の重大な任務を担っている方々であることに鑑み、米国シカゴへの代表団派遣の中止を決定し、SIS-NA・SIS-E両会長に対し、合同学会学術集会開催の延期希望を申し入れました。
    学会登録のキャンセルは、学会登録ウェブサイトから「Cancellation Policy 」をクリックして手紙・FAX・Eメールのいずれかで行ってください。

過去の情報

会員専用ページログイン
外科周術期感染管理医認定制度
制度概要をよくご確認の上ご応募ください。
応募要項

術後感染性合併症サーベイランス

SIS-NA

SIS-E

CLASS Tokyo study―急性胆道炎ガイドライン改訂への検証研究― 胆道感染のエビデンスを作る。CLASS Tokyoに参加ください。急性胆管炎、胆嚢炎の前向き研究(CLASS Tokyo)症例登録受付中!

26th European Congress on Surgical Infection

26th European Congress on Surgical Infection

日本外科感染症学会事務局
〒102-0074
東京都千代田区九段南2-1-30
イタリア文化会館ビル8F
株式会社メディカルトリビューン内
Tel 03-3239-7264 Fax 03-3239-7225
E-mail:jssi@medical-tribune.co.jp

このページのTOPへ