日本外科感染症学会

English Site

学会概要

概要・委員会・定款

概要

沿革と名称
本法人は、1988年に発足した日本外科感染症研究会が前身で、2002年に日本外科感染症学会となり、2007年、法人格を取得しました(有限責任中間法人日本外科感染症学会(Japan Society for Surgical Infection)。以下、日本外科感染症学会と略します)。

 2008年12月1日、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律の施行に伴い、中間法人が一般社団法人に移行したため、本法人は中間法人でなく「一般社団法人」とみなされるようになりました。2010年1月、「一般社団法人」としての定款改正及び登記も完了しました。

 定款はダウンロードページをご参照ください。

日本外科感染症学会の目的と事業

 日本外科感染症学会は、外科系感染症に関する研究の進歩発展・普及、会員相互の連絡と親睦ならびに国際的交流を図り、周術期医療(手術前~中~後)の質と安全を高めていくことにより、患者さまやご家族の皆様に対する社会的責務を果たしていくことを目的としています。
また、日本外科感染症学会は、目的を達成させるため、次の事業を行っています。

  1. 総会、学術集会の開催
  2. 機関誌、論文、図書、研究資料の刊行
  3. 外科系感染症に関連した事項の調査および研究
  4. 内外の関連団体との協力活動
  5. 本法人の目的を達成するために必要なその他の事項

会員数 1,857名(2015年9月30日現在)
名誉会員…18名
特別会員…13名
役員…23名(理事長1名、監事2名、理事20名)
正会員…1,637名
準会員…79名
賛助会員…17社

委員会

日本外科感染症学会・委員会

  • 常設委員会
    1. 総務委員会
    2. 編集委員会
    3. RCT委員会
    4. ガイドライン作成委員会
    5. 教育委員会
    6. 財務委員会
    7. 臨床治験委員会
    8. 国際渉外委員会
    9. 医療の質・安全委員会
    10. 外科周術期感染管理医認定制度委員会
    11. 利益相反委員会
    12. 利益相反評価委員会
    13. 広報委員会
  • 臨時委員会
    1. 選挙管理委員会(臨時委員会)

定款

ダウンロードページをご参照ください。

このページのTOPへ